▽ メニューを開く(事務所案内、地図、費用など)
不倫慰謝料請求相談所営業地域ごとの相談事例

不倫慰謝料相談 営業地域のご紹介

不倫慰謝料相談は<全国対応>です。

不倫の慰謝料請求の内容証明郵便が突然配達されました。どのように対処したらいいのでしょうか。

1、無視、放置する
法律職(弁護士、行政書士)からの書面の場合、無視、放置すれば裁判所にそのまま訴えられる場合が多くなります。
特に弁護士からの内容証明郵便を放置すれば、次回は裁判所からの呼び出しになるでしょう。裁判になれば解決まで数年かかる場合もあります。
行政書士からの内容証明郵便であれば、できたら裁判まで持ち込みたくない、お互いの話し合いで早期解決したいという意向で送付される場合が多いです。
相手を説得できる回答書を送り、早期解決を目指してください。

2、謝罪して請求を撤回してもらう
謝罪文の提出を求められる場合が多いのですが、注意すべき点は、謝罪文が不倫を認めたという「自白書」 にもなることです。後日、謝罪文を不倫の証拠として、慰謝料○○○万円支払えという請求が届くことがあります。
謝罪文と引き換えに「和解書」を交わしておくほうが請求された側からすれば安心だと言えます。  非常に難しい判断を要しますので、事例を多く扱う法律職に相談して対処すべきでしょう。

3、請求された通りの金額を支払う
支払うにしても示談書(和解書)は残しておきましょう。
そうしないと被害者から、あれは一時金だった、見舞金に過ぎない、弁護士に相談したら相場はもっと高いと言われたと、慰謝料の追加請求をされかねません。

4、「減額」を交渉する
妥当な金額に減額をお願いする「減額」交渉は、慰謝料請求より難しいです。 相手が減額も止むなし、早期解決の方が賢明という気持ちになるように「説得」することになります。
経験と解決事例が豊富な法律専門家を選択されることです。
行政書士 村上事務所は、赤羽駅前3分です(地図はこちら)。JR赤羽駅、北改札口から東口方面に出て左にある「一番街」の中を歩いて2分です。

無料電話相談、面会時間のご予約はこちら050-3045-7910
お急ぎの方は携帯090-3521-1188にお電話ください。
メール相談はこちらへ

東京都北区赤羽1-38-10内山ビル2-205 行政書士村上事務所面会室は2部屋(24時間ご利用可能)を用意しております。

詳しくは事務所案内費用をご覧ください。
当事務所は面談を重視しています。十分に内容を検討して「内容証明郵便」を送付します。

東京都

東京都北区赤羽にあります行政書士村上事務所の専用面談室(24時間利用可能)がご利用いただけます。

もちろん出張相談電話相談(050−3045−7910)メール相談にも対応しております。ご事情があり、当事務所におこしいただけない場合は、都内にお住まいの方でも遠慮なさらずにお申し付けください。

出張相談例
板橋区 都営三田線またはJRの巣鴨駅
荒川区 JR日暮里駅
豊島区 JR池袋駅、大塚駅
文京区 東京メトロ後楽園駅、都営地下鉄春日駅
台東区 各線上野駅
渋谷区 各線渋谷駅
新宿区 各線新宿駅、JR大久保駅

その他、主要ターミナル駅での緊急面談が可能です。

東京都のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 東京都練馬区在住の既婚男性40歳代、自営業のAさん
相談内容 結婚歴18年のAさんが妻の浮気を発見。浮気相手のBさんに慰謝料700万円を請求したいということで相談に来られました。浮気相手のBさんも既婚者であり、ダブル不倫の事例です。
解決までの道のり まず当職が、Bさんに内容証明郵便で700万円を請求しました。
Bさんは、妻に内密で解決したいので内容証明郵便を自宅に送付しないでほしいと、今後の文書の送付先を指定してきました。そして700万円の支払いは無理なので、減額して300万円ではどうかと回答してきました。
Aさんはすでに妻と離婚し、養育費の問題も協議中なので、300万円には応じられないとのことでした。そのかわり、請求額を500万円に減額することにして、300万円を一括払い、残金200万円は1年間の分割払いということで、 強制執行認諾付き公正証書作成をBさんに要求しました。
Bさんは、残金分割払いを毎月5万円で3年間の支払いにしてもらえないかと回答してきました。
Aさんは、それで合意する回答、合意書を送付するとともに、本人確認のため運転免許証のコピーを送付するようBさんに要求しました。
Aさんが合意書への署名、捺印時にBさんに直接会って謝罪してもらいたいという条件をつけていたので、 当事務所の第2面会室を利用して、二人だけで面会してもらいました。Bさんからの謝罪があったあと、公証役場での手続きに移行して無事に解決しました。
解決までの期間 約2ヶ月

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は東京都のお客様の声をご覧ください。


埼玉県

埼玉県にお住まいの方であれば、行政書士村上事務所最寄りのJR赤羽駅まで比較的アクセスしやすいのではないでしょうか。大宮駅からJRで15分、川口駅からは一駅の距離です。当事務所の専用面談室(24時間利用可能)をぜひご利用ください。

ただ、お住まいの地域によってはご来談が難しい場合もあるかと思います。出張相談電話相談(050−3045−7910)メール相談もお受けいたしますので、お気軽にお申し付けください。


埼玉県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 埼玉県川越市在住、30歳代の女性Sさん
相談内容 Sさんは2年ほど前に夫の不倫を知り、相手の女性に別れると約束させましたが、その後も不倫関係は続いているようでした。しかし、その証拠がなかなか見つからなかったので、Sさんは夫の車にGPSをセットし、不倫の証拠をある程度つかみました。そして相手の女性に慰謝料を請求したいということで当事務所へ相談に来られました。
解決までの道のり まず当職が、再度不貞交際をしているので200万円の慰謝料を請求すると記載し、内容証明を送付しました。その際、夫に連絡した場合は100万円を加算するという条件をつけて、夫との連絡を禁止しました。
相手の女性から、会っていたことは認めるものの、男女の情交関係はない、証拠を出してほしいとの回答がありました。
Sさんは、相手の女性に反省の様子が見られないので、証拠は裁判所で提出すると最後通告を出しました。
相手の女性は、夫との不倫を謝罪します、ついては慰謝料を100万円に減額してほしい、と回答してきました。
当職が再度、内容証明を送付しました。100万円を前金として支払い、残金50万円は毎月2万5000円の20回払いということにして、強制執行認諾付きの公正証書にするという案を提示するものでした。
相手の女性は、送付案に同意する旨を回答してきました。
解決までの期間 約2ヶ月
コメント 不倫の決定的証拠は二人がラブホテルに入る写真などですが、そうした決定的証拠がなくても、内容証明の書き方しだいで相手に不倫を認めさせることができます。
不倫者は証拠を見せろと言いがちですが、証拠は裁判所で全部を見せるものであり、 示談交渉の段階で見せるものではありません。

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は埼玉県のお客様の声をご覧ください。


神奈川県

行政書士村上事務所の最寄り駅はJR赤羽駅ですので、横浜駅から50分でおこしいただけます。ご来談が可能であれば、ぜひ専用面談室(24時間利用可能)をご利用ください。

お住まいが少し遠いという方は出張相談電話相談(050−3045−7910)メール相談にも対応しておりますので、お気軽にお申し付けください。


神奈川県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 神奈川県川崎市在住、30歳代の女性会社員Yさん
相談内容 Yさんは離婚経験のある男性と結婚しましたが、その後、夫が前妻との交際を継続させていることに気づきました。そこで、前妻に交際を止めさせ、慰謝料を請求したいと当事務所へ相談に来られました。
解決までの道のり まず当職が、慰謝料150万円と交際禁止の誓約書を要求する内容証明を送付しました。
前妻は、会っていた事実は認めたものの、情交関係は否定して、謝罪文だけを送ってきました。
Yさんは、これではケジメがつかないということで、夫にも謝罪文を書かせ、前妻にそれを送付するとともに、慰謝料を100万円に減額して請求することにしました。
前妻は、100万円の慰謝料を支払い、交際の禁止に応じると回答してきました。
当職より示談書を送付して、無事に解決しました。
解決までの期間 約1ヶ月

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は神奈川県のお客様の声をご覧ください。


千葉県

行政書士村上事務所の最寄り駅は、松戸駅からJRで40分の赤羽駅です。ご予約のうえ、専用面談室(24時間利用可能)にぜひおこしください。

出張相談電話相談(050−3045−7910)メール相談にも対応しております。お住まいから遠くて、ご来談が難しい場合は、お気軽にお申し付けください。


千葉県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 千葉県市川市在住、40歳代の会計職男性Sさん
相談内容 Sさんは妻の不倫を疑い、携帯電話の内容から不倫相手が同じ職場の上司であることを探りあてました。そして、既婚者同士の不倫、いわゆるダブル不倫で相手の男性に慰謝料を請求したいと、当事務所へ相談に来られました。
解決までの道のり まず慰謝料200万円を請求する内容証明郵便を、不倫相手であるKさんの職場宛に送付しました。
Kさんは謝罪文を送付するとともに、慰謝料の200万円は即金での支払いが困難であるため、100万円に減額してほしいと回答してきました。
Sさんは、職場の上司であるKさんが権限を利用して妻を誘惑したと抗議し、慰謝料を150万円としたうえで、職場の配置転換、または退社を要求しました。
Kさんは、Kさんの妻に内密で150万円を支払い、配置転換の希望は人事課に申し出ると回答してきました。
Sさんは、職場外で妻と一切会ってはならないという条件をつけて示談書を作成し、当職がKさんに送付して無事に解決しました。
解決までの期間 約1ヶ月
コメント ダブル不倫は、配偶者に内密にして解決したいという方が多いのです。ですから、内容証明も相手の家庭に送るより、職場など配偶者、家族に知られない場所に送付すべきでしょう。今回のような解決策は多いといえます。

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は千葉県のお客様の声をご覧ください。


群馬県

JR赤羽駅最寄りの行政書士村上事務所専用面談室(24時間利用可能)がご利用いただけます。
JR高崎駅から高崎線一本でおこしいただけますが、東京まで行く時間がないという方は出張相談電話相談(050−3045−7910)メール相談にも対応しておりますので、お気軽にお申し付けください。


群馬県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 群馬県伊勢崎市在住、30歳代の男性会社員Tさん
相談内容 結婚歴12年のTさんは、妻の不倫相手の男性Yさんに交際の禁止と慰謝料300万円を請求したいということで当事務所へ相談に来られました。離婚もやむを得ないということでした。
解決までの道のり まず内容証明をYさんの職場に送付しました。
Yさんから、請求には応じたいが150万円に減額してほしい、家族、妻には知らせることなく解決したい、今後も内容証明を自宅ではなく職場に送付してもらいたい、差出人名を法律職にしないでほしい、との回答がありました。
Tさんも修復の努力はしてみたいということでしたが、探偵社の費用も支払っており、その半分は支払ってもらいたいので180万円を提示しました。また、差出人名は法律職名を外し、村上の個人名で送付すると回答しました。
Yさんより、了解しました、との返事がありました。
示談書をYさんに送付、末日までに180万円が振り込まれ、解決に至りました。
解決までの期間 約1ヶ月
コメント 既婚者同士のダブル不倫の場合、配偶者に隠しての解決が多いのです。

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は群馬県のお客様の声をご覧ください。


栃木県

JR赤羽駅最寄りの行政書士村上事務所専用面談室(24時間利用可能)がご利用いただけます。
東京まで行く時間がないという方は出張相談電話相談(050−3045−7910)メール相談にも対応しておりますので、お気軽にお申し付けください。


栃木県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 栃木県宇都宮市在住、20歳代の女性会社員Fさん
相談内容 Fさんは不倫相手の妻であるSさんから200万円の慰謝料を請求され、すぐに支払いましたが、その後、Sさんはさらに100万円の追加請求をしてきました。最初の支払いのときに示談書を作成していなかったため、Fさんは不安になり、当事務所へ相談に来られました。
解決までの道のり すでに200万円が支払われているので、示談書と引き換えに30万円までは支払うが、それ以上の請求であれば、裁判所に提訴されても構わないとSさんに回答しました。
また、不倫相手への求償権を行使して、Sさんの夫に100万円を請求する予定だということもあわせて通知しておきました。
Sさんから、提示された30万円で合意する旨の回答が届きました。また、慰謝料を請求したことを夫に言わないでほしいということだったので、そのことも示談書に書き加えておくことにしました。
Fさんも同意し、示談書をSさんに送付して無事に解決しました。
解決までの期間 約1ヶ月
コメント 離婚していないのに200万円とは少々高額です。Fさんは示談書を作成していなかったので、再度Sさんから慰謝料を請求されることを恐れ、30万円を追加で支払いました。
示談書の作成、署名捺印の前に示談金を支払うことは危険です。受け取った金額は総額の前金に過ぎないと言って、さらに追加請求してくるケースが多いので注意しましょう。

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は栃木県のお客様の声をご覧ください。


茨城県

JR赤羽駅最寄りの行政書士村上事務所専用面談室(24時間利用可能)がご利用いただけます。
東京まで行く時間がないという方は出張相談電話相談(050−3045−7910)メール相談にも対応しておりますので、お気軽にお申し付けください。


茨城県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 茨城県つくば市在住、30才代の女性会社員Nさん
相談内容 Nさんは2年ほど前に夫の不倫を知り、相手の女性Wさんに抗議しました。Wさんは別れるということでしたが、実際は関係が続いていたようです。そこでWさんに対して慰謝料を請求したいということで相談に来られました。
解決までの道のり まず200万円の慰謝料をWさんに請求し、謝罪文を7日以内に送付するように要求しました。
Wさんから謝罪文が送られてきましたが、200万円はとても支払えないとの返事でした。
Nさんは、以前も騙されているので信用できないということでした。そこで、給与明細と貯金通帳のコピーくらいは送るべきだということと、慰謝料を150万円に減額し、分割払いに応じる旨を回答しました。
Wさんは、100万円を前払いし、残金の2万円は25回払いにしたいと希望してきました。
Nさんは強制執行認諾付公正証書にすることの合意書を送付し、Wさんが署名捺印して無事に解決しました。
解決までの期間 約2ヶ月
コメント 不倫をした人は発覚後も内密で交際を続けることが多いのです。言葉の謝罪は空手形と思った方がいいでしょう。今度見つかった時に支払えばいいと安易に考えています。最初から痛みを伴う慰謝料を支払わせておくべきなのです。

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は茨城県のお客様の声をご覧ください。


福島県

JR赤羽駅最寄りの行政書士村上事務所専用面談室(24時間利用可能)がご利用いただけます。
東京まで行く時間がないという方は出張相談電話相談(050−3045−7910)メール相談にも対応しておりますので、お気軽にお申し付けください。


福島県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 福島県会津若松市在住、40歳代の専業主婦Uさん
相談内容 3年ほど前、Uさんは夫の不倫を疑っていました。その後、夫婦関係が悪化し、結局離婚することになりました。
Uさんは3年前の不倫が離婚のそもそもの原因であると考え、相手の女性に慰謝料を請求したいと当事務所へ相談に来られました。
解決までの道のり 夫と相手女性の不貞行為による離婚として、相手の女性に300万円の慰謝料を請求する内容証明郵便を送付しました。
相手の女性は、3年も前のことなので慰謝料を支払うような理由がないと、時効を主張してきました。
不倫慰謝料の時効は不倫の事実と不倫相手を知ったときから3年ですが、Uさんの慰謝料請求は夫と相手女性の不倫を知ってから2年11ヶ月目に行われたものだったので、時効寸前でした。
しかし、内容証明郵便による通知は6ヶ月間、時効を中断する効力があるので、慰謝料を支払わなければその期間内に裁判を起こすと、相手の女性に再度、通知書を送りました。
相手の女性は200万円なら支払えると言って、減額を要求してきました。
Uさんが200万円で示談に応じることを回答して、無事に解決しました。
解決までの期間 約1ヶ月
コメント 時効寸前の案件でしたが、当職が時効を中断し、相手の女性に慰謝料を支払わせました。

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は福島県のお客様の声をご覧ください。


静岡県

JR赤羽駅最寄りの行政書士村上事務所専用面談室(24時間利用可能)がご利用いただけます。
東京まで行く時間がないという方は出張相談電話相談(050−3045−7910)メール相談にも対応しておりますので、お気軽にお申し付けください。


静岡県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 静岡県浜松市在住、30歳代の女性Aさん
相談内容 Aさんは携帯電話の通信履歴から夫の不倫に気づき、探偵社に証拠を集めてもらったうえで、当事務所へ慰謝料請求の相談に来られました。
解決までの道のり まず相手の女性に慰謝料300万円を請求する内容証明を送付しました。
相手の女性は、生活が困窮しているため支払えないと言って、母子家庭であることを理由に支払いを拒んできました。
Aさんは慰謝料を100万円に減額して再度、請求しました。
相手の女性は、50万円を前払い、残額50万円は毎月2万円の25回払いにしてほしいと回答してきました。
Aさんが承諾したので、公正証書にして無事に解決しました。
解決までの期間 約2ヶ月

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は静岡県のお客様の声をご覧ください。


長野県

電話相談(050−3045−7910)メール相談が中心になります。
東京までおこしいただける方はぜひ行政書士村上事務所専用面談室(24時間利用可能)をご利用ください。JR赤羽駅のすぐ近くです。
また、出張相談にも対応しておりますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。


長野県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 長野県諏訪市在住、30歳代の女性公務員Bさん(被請求者)
相談内容 Bさんは、4年ほど前に交際していた既婚男性Sさんと別れ、別の男性と結婚しました。しかしその後、Sさんの妻から不貞行為を発見したと慰謝料200万円を請求されました。
解決までの道のり すでに終わっている不貞関係であり、再度の交際もあり得ないということで、慰謝料50万円を支払うとの回答書を送付しました。
Sさんの妻から、別れているといっても2年ほど情交関係があったのだから100万円は支払ってほしいと提示されました。
Bさんは、50万円なら即金で支払えるが、 残金50万円は毎月2万円の分割でしか支払えないと回答しました。
Sさんの妻は、25回の分割では長すぎるので他から借りて支払ってほしいと回答してきました。
Bさんは、借金をして80万円の支払いが可能になったので、この金額で解決してほしいと回答しました。
Sさんの妻は、提示した80万円一括払いを了承し、無事に解決しました。
解決までの期間 約2ヶ月

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は長野県のお客様の声をご覧ください。


新潟県

電話相談(050−3045−7910)メール相談が中心になります。
東京までおこしいただける方はぜひ行政書士村上事務所専用面談室(24時間利用可能)をご利用ください。JR赤羽駅のすぐ近くです。
また、出張相談にも対応しておりますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。


新潟県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 新潟県新潟市在住、30歳代の女性看護師Aさん(被請求者)
相談内容 Aさんは、医師の男性Fさんと交際し、Fさんの妻から慰謝料300万円を請求されました。
解決までの道のり Aさんは、今後は交際をしないという誓約書と、慰謝料の減額を要求する回答書を送付しました。
Fさんの妻は、200万円までなら減額できると回答してきました。また、Aさんに病院を辞めるよう要求してきました。
Aさんは、病院を辞める事は拒否したものの、病床をかわり、Fさんとは今後、病院内で接触しないので、150万円の支払いにしてもらいたいと回答しました。
Fさんの妻は、この減額案を了承すると回答してきました。
当職より示談書を送付して、無事に解決しました。
解決までの期間 約1ヶ月

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は新潟県のお客様の声をご覧ください。


宮城県

電話相談(050−3045−7910)メール相談が中心になります。
東京までおこしいただける方はぜひ行政書士村上事務所専用面談室(24時間利用可能)をご利用ください。JR赤羽駅のすぐ近くです。
また、出張相談にも対応しておりますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。


宮城県のお客様の相談事例
※相談事例は個人情報守秘の観点から、お客様の了承を得て、事例のみにとどめ、氏名、住所などは変更していることをご了承ください。
相談者 宮城県石巻市在住、30歳代の男性Uさん
相談内容 Uさんは妻の浮気に気づき、不倫相手のKさんに慰謝料を請求したいと相談に来られました。Kさんは既婚者でした。
解決までの道のり まずKさんに慰謝料200万円を請求しました。
Kさんは、家庭に内容証明を送付しないでくれと郵便局留めを希望し、妻や家族に内密にしてくれれば100万円を支払うと回答してきました。
Kさんは、Uさんの妻の上司でもあり、仕事の打ち合わせを理由としてUさんの妻を誘っていました。妻は他部署異動を人事に申し出ていましたが、Kさんは保身しか考えていませんでした。
Uさんは、Kさんに重い責任があるということで、150万円までの減額にしか応じられないと回答しました。
Kさんは150万円の支払いに応じるので解決したいと回答してきました。
当職が和解書を送付して無事に解決しました。
解決までの期間 約1ヶ月

◎当事務所にご依頼いただいたお客様の声など、より詳しい内容が知りたい方は宮城県のお客様の声をご覧ください。


正当なCSSです

無料電話相談はこちら
受付時間 8時〜21時
緊急の場合は携帯へ


不倫慰謝料イラスト
不倫の後始末・歴史談話室