▽メニューを開く(事務所案内、地図、費用など)
不倫慰謝料請求相談所不倫慰謝料を請求したい方不倫慰謝料の内容証明の書き方

内容証明郵便で不倫慰謝料を請求したい

(1)不倫の被害者は相手方に精神的苦痛に対しての慰謝料の支払を請求できます
慰謝料の意味
電話やメールなどで相手と支払の交渉をはじめたとしても文書で、内容証明郵便による支払請求するほうが普通です。
支払えという証拠として内容証明郵便が使われます。
内容証明郵便は法律専門家以外でも書けるのですが、法律家が書けば相手に対すて放置すれば裁判を起こされる心配があり、内容証明を受け取った相手、加害者が何がしかの返事をしてくる場合があります。
放置できない書類だと思わせる書き方をすべきです。内容証明は裁判でも重要な証拠となります。法律職に相談しながら作成されることをおすすめします。

(2)請求に時効があるのでチエックしておきましょう
不倫のような不法行為の損害賠償請求は行為のあったときから20年または不倫の事実と加害者を知ったときから3年、どちらか短い期間で請求権が消滅するとしています(民法第724条)


最後の肉体関係があったときから3年以内に加害者に慰謝料を請求しないと時効で消滅します。

離婚しないでも内容証明郵便で不倫慰謝料請求。
不倫慰謝料請求の内容証明郵便とはどういうものか、作成を行政書士等に依頼するメリット、内容証明郵便での請求を拒絶された場合の対応等について紹介しております。


手紙、メールなどと内容証明郵便が違う点

1、言った、言わなかったという問題が防げる

2、お互いが解決できなければ、裁判に持ち込まれますが、内容証明郵便は重要な証拠として裁判所に提出されます。
3、 法律家の書面であれば、示談が成立しなければ、裁判所に訴えられます。


(3)内容証明郵便の意味と書式について
内容証明郵便とは、誰が、どのような内容の文章を、いつ(日時)誰に対して、発送したのかを郵便局が証明してくれる郵便物です。

内容証明郵便を受け取ったからと言って、その内容証明郵便で請求額を必ずしも支払わなければならないとか、
回答期限内に回答しなければならないとか、法的義務は発生しません。

内容証明を無視、放置しても内容を認めたことにもなりません。

しかし内容証明を送付した方は、大変心情を悪くして、次の手に出る場合がおおいのです。


弁護士からの内容証明であれば、裁判所に訴えることがほとんどです。
行政書士からの内容証明であれば、不倫者の反省、不倫者がこれ以上交際しないという誓約書を入れてくれれば、慰謝料を今回限り請求しないまたは慰謝料を大幅に減額する用意があるのに、無視されたとなると、感情が怒りに変わり裁判をして懲らしめたいということで調停、裁判に移行するでしょう。 次回は裁判を前提とした弁護士からの内容証明、又はいきなり裁判所から出頭期日が送付されるでしょう。

裁判をおこされて、慌てて弁護士に相談、弁護士費用を払って依頼した、早期解決は無理です。

(4)早期解決をめざして
1、内容証明郵便又は相手方から慰謝料支払い、会談の要請が来たきは、専門家にすぐに相談して、貴方の置かれている立場、今後の展開などを理解しておくべきです。
2、内容証明郵便がいいのか、書留郵便がいいのか、メールで対応するのがいいのか情況に応じて決めることです。
3、具体的情況に応じて書面を作成、内容証明郵便を送ることになります。
4、内容証明の雛形は参考にして、専門家(弁護士、行政書士等)の意見を聞きながら、専門家に依頼して作成送付するといいでしょう。
5、請求金額は法的に適正金額なのか、3、4回の男女関係で離婚もしないのに金800万円を請求するなど。
6、内容証明を受取った方は、放置、無視すればさらに請求額が増えたり、和解のチャンスを失いかねません。専門家にすぐ相談しましょう。
内容証明郵便を書くとき、文章はこう書きなさいという決まりはありませんが、差出人の住所、氏名、受取人の住所、氏名は書くことが決まりです。文書の終わりに書いている方が多いですネ。
用紙内容証明郵便(内容証明書)の用紙に指定用紙などありません。
原稿用紙、コピー用紙、便箋でもかまわないのですが、用紙で悩んだときは、文房具店で売っている内容証明書用紙をおすすめします。書式はB4、A4判が多く、縦書き、横書き、ワープロ、手書き、どちらでもかまいません。手書きの場合はボールペン等で消えないように字画を間違えないよう書きましょう。

内容証明書に記入できる文字に制限があります。

1、字数・行数には決まりがあります。
縦書き・・・1行20字以内、1枚26行以内
横書き・・・1行20字以内、1枚26行以内
1行26字以内、1枚20行以内
1行13字以内、1枚40行以内
枚数が増えると内容証明郵便料金が加算されてしまいます。

2、文字・記号には決まりがあります。
内容証明書に使える文字は、かな(ひらがな、カタカナ)、漢字、数字(アラビア数字と漢数字)の3種類だけです。ただし英字については、例外的に氏名、会社名、商品名の固有名詞のみつかえます(KDD、Docomo,JR等)です。固有名詞以外の英字、中国語などはつかえません。数字は算用数字(0123)、漢数字(〇一二三)のどちらでもよいですが、漢数字の方が一般的でしょう。
記号は%、m、、+、-、「」、。、など一般的に使われている記号以外は使用しない方がよいでしょう。

内容証明を請求に使用するかの判断は専門家と相談したほうがいいでしょう。
配偶者の不倫相手に慰謝料を請求する場合、内容証明郵便だけでなく一般書留を使って送付することもできます。

不貞行為を知ったときから3年以内、または離婚が成立した日から3年以内であれば慰謝料請求できます。

加害者に内容証明郵便で請求しておけば時効を一時的に止めることができます。しかし6ヶ月以内に裁判を起こさないと時効が成立します。

正当なCSSです



不倫慰謝料請求無料メール相談へ

不倫慰謝料イラスト
不倫の後始末・歴史談話室