▽ メニューを開く(事務所案内、地図、費用など)
トップページ

不倫問題は裁判になる前に円満に解決しましょう

結婚したカップルのうち三組に一組が離婚し、職のある未婚女性の三人に一人は不倫経験者ではないかといわれる時代です。浮気が本気になり、子どもまで巻き込み、離婚騒動に発展します。

出会いの場は、職場、同窓会、PTA、習い事、スポーツジム、さらにインターネットを介して、LINE、フェイスブックといったSNS、スマホでできるオンラインゲームなど多様化しており、ちょっとしたきっかけで不倫が始まります。

もし、不倫問題が裁判にまで発展してしまうと、家庭裁判所、地裁から高裁判決が出るまで半年から数年かかることもあります。その間、勝つか負けるかという緊張状態のなかでストレスを抱え込まなければなりません。

弁護士に依頼をすれば、裁判手続きはすべてやってくれますが、被害者、加害者ともに裁判に出す陳述書、答弁書などは自分で確認しなければなりません。裁判を重ねるごとに、そうした書類は分厚くなっていくので、長期化すれば電話帳のような書類に目を通さなければならないのです。

また、経済的な負担も大きくなりますので、なるべくなら当事者同士の話し合いで、裁判前に解決したいものです。


解決に必要な経費を計算しておきましょう

不倫は、夫または妻の平穏な家庭生活を乱し、精神的苦痛を与えた不法行為として慰謝料という金銭で償うしかありません。

怒りの感情が落ち着き、冷静な判断ができるようになって初めて当事者の和解ができます。

専門家に相談し、法律上の問題点をしっかりとおさえた上で、解決のためにかかる費用を計算しておきましょう。費用倒れにならないような解決策をもっておくことが大切です。


婚姻費用の分担金を忘れないようにしましょう

不倫の問題で見落としがちなことは、夫婦が離婚をするまで婚姻費用の分担金を支払い続けなければならないということです。

例えば、夫が浮気をし、それが原因で妻が実家に帰ったというケースを考えてみましょう。夫婦が別居をしても婚姻費用の分担義務はありますから、経済力のない妻が離婚に応じない場合、収入のある夫のほうが婚姻費用を支払い続けることになるのです。

また、婚姻費用の分担金は申し出た日からの支給となるので、離婚調停の段階であっても、審判で先に決められてしまいます。そのため、調停が長引いたりしてなかなか離婚できないとなると、分担金の支払いは高額になります。

離婚するまでの婚姻費用の支払いは、裁判所の計算図表で一律に決められています。

例えば、夫の収入が1000万円で、妻が専業主婦、子どもが1人いる場合は、離婚が成立するまで月額18万円、年額216万円となるので、もし離婚まで5年かかったとすると1080万円を支払うことになります。婚姻費用支払いの地獄と言えますね。


慰謝料請求は不倫を終わらせるきっかけになります

浮気を黙認したり、簡単に許したりすると、また隠れて交際を始めます。不倫当事者は不貞行為が発見されて高額の慰謝料請求を受けたことがきっかけとなり、不倫を止める方向に向かいます。

配偶者の不倫は、法律という強制力を用いてでもケジメをつけ、できれば家庭の修復を最優先にしたほうが賢明です。


不倫問題の早期解決をおすすめする理由

慰謝料を請求された男性のイラスト「意地を張らずに和解をすればよかった!」不倫(浮気、不貞)などの男女トラブルは当事者の精神、財産、家庭生活に大きな爪痕を残します。


  1. 不倫相手への憎しみや、夫・妻に裏切られたショックから、うつ病、パニック障害などの心の病にかかったり、不倫相手への暴力、DV、自殺など事件に発展したりするケースもあります
  2. 慰謝料の支払い、離婚による財産分与、裁判になった場合の費用など経済的損失も覚悟しなければなりません
  3. 夫婦の別居、離婚、子どもの親権の喪失など、家庭崩壊の引き金にもなります

こうした状況は、問題を長引かせることでさらに悪化していきます。ご自分の主張を貫くために裁判を起こして戦うことが必要なときもありますが、ドロ沼化して精神的・経済的負担が増大するリスクを考えると、裁判前の示談(和解)で早くに解決をしておくことが望ましいでしょう。

不倫のトラブルを円満に解決する秘訣は、解決の手順や、慰謝料請求に関する法律知識をきちんと理解した上で、相手と慎重に話し合う(あるいは文書のやりとりをする)ことです。


不倫慰謝料請求の次の手順




相談事例と解決策

今まで相談を受けてきた不倫に関する問題を、事例と解決策として一部公表いたします。解決の参考にしてください。
相談事例と解決策

【事例】
◎W不倫同時進行愛人4人に請求、全員慰謝料支払って解決
◎海外研究員の依頼、元恋人に慰謝料支払い、公正証書で解決
◎証券会社管理職が勤務中の不倫で慰謝料支払って解決
◎不倫をした青年が500万円慰謝料請求裁判で自殺


不倫慰謝料請求相談所の動画CM


業務のご依頼の方法

<全国対応>しております。
当事務所では、メール・FAX・電話で相談を受けながら内容証明の発送、交際中止の誓約書、示談書作成、公正証書の代行手続きまでおこなっています。ご相談者があちこち廻らなくても、当事務所で解決する人脈、システムを築いています。
事務所案内、地図、面談室、Profile

事務所は赤羽駅から徒歩3分の場所にあります。JR京浜東北線、埼京線、宇都宮線(東北線)・高崎線 ・高崎線(湘南新宿ライン)の特急停車駅で交通の便がいいです。地下鉄南北線赤羽岩淵駅からもおこしいただけます。(専用面談室2室/24時間利用)

簡単なご相談・お問い合わせは無料です。
事務所050-3045-7910
(受付は8時から21時まで)
携帯090-3521-1188
(お急ぎの方は携帯へご連絡ください)
無料メール相談はこちら

無料電話・メール相談では個別具体的な回答は控えます。
なお、面談は事前予約制です。平日、土曜、日曜も夜9時迄面談受付。

不倫慰謝料請求相談所の特色

行政書士開業以来、企業勤務時代に知り合った各分野の専門家、調査部門の方々のご協力をいただき、お客様にご紹介できる人脈を築いてくることができました。そうした専門家のネットワークが当事務所の強みと言えます。

たとえば、当事務所は行政書士事務所ではありますが、弁護士との協力、提携をしています。これには次のようなメリットがあります。

  1. 相談者があちこちの事務所をまわらないでいいため、解決への時間と経費を節約できます。
  2. お二人でお話がまとまらなければ、提携弁護士事務所を紹介することになります。抵抗していた男性が、「裁判にしたくないので、二人でもう少し話し合って解決したい」と、言い出す場合が多いのです。
  3. 相手が弁護士をたててきたとき、相談者がすぐに弁護士に対応してもらうことが可能になります。これまでの経過状況を的確に整理して弁護士に引き継ぐことができます。

当事務所の裁判問題の業務提携法律事務所

行政書士は街の法律家といわれます。しかし裁判や既に紛争化した事件は弁護士業務となります。

当事務所は、行政書士の業務範囲を超えた法律問題に対応できるように法律事務所と協力・提携しています。頼まれれば無料でご紹介しています。


無料電話相談はこちら
受付時間 8時~21時
お急ぎの場合は携帯へ


不倫慰謝料イラスト
不倫の後始末・歴史談話室

▼ 無料相談窓口はこちら ▼