◆不倫慰謝料請求・浮気慰謝料請求◆

行政書士村上事務所では電話相談、メール相談を受けています。g09035211188@gmail.com 電話相談は050−3045-7910 または携帯090-3521-1188にお電話ください。面談相談は完全予約制をとっています。

メニューへ

★不倫慰謝料計算します(無料)



不倫慰謝料を請求したい人

請求したい不倫慰謝料を請求したい人>無料電話、メール相談050-3045-7910 携帯090-3521-1188
■不倫されてお悩みの方
不倫(浮気)を黙認、放置することは、愛人に愛情が移り、夫婦の破たん、,離婚に向かうことが多いのです。愛人に子供をつくつたり、家庭を顧みず、配偶者の不安、悩みは続いていくものです。
不倫者は、不倫を継続するでしょう。

夫・妻の立場、法的権利を主張して不倫を止めさせましょう。浮気・不倫・不貞は子供まで巻き込んだ、家庭を破壊する犯罪(不法行為)だと不倫をした方にわからせておくべきでしょう。<ご相談をお受けします>

不倫発見
・証拠の確保・・メール、携帯電話通話記録、カードローンの明細書等の確保
・配偶者に不倫の事実を認める謝罪文を書かせる、「本人自白」があれば不倫を認めたという重要な証拠となります。
・不倫相手の氏名、住所、職場、職業などは知っておくべきです。
・不倫相手に会って謝罪文、示談書。慰謝料請求をしてもいいでしょう。
・慰謝料請求の内容証明を送って慰謝料を請求します
・不倫相手に交際を禁止させたい(交際禁止誓約書)、不倫相手が家庭に近づかないようにしてほしい(接近禁止誓約書)を書かせることも必要です。
・慰謝料額は、100万円〜300万円で請求することが多いです。示談であれば500万円以上で決まったケースもあります。
不倫の慰謝料とは、夫または妻が貞操義務に反して異性と性交渉をもった場合、配偶者が被った精神的苦痛を相手に損害賠償をすることができます。

不倫という不法行為によって受けた精神的損害を償うためにはお金を支払えということです。(民法722条1項による417条の準用)金銭賠償です。
そこで相手の行動が不法行為にあたるのか検討することになります。

不法行為の成立の条件
(1)故意又は過失があること
故意とは、自分の行為が他人に損害を与えることを知って、あえてその行動をすることです。行為者の心理状態を表現しています(民法709条)。
その結果、財産的損害及び精神的損害も賠償しなさいということになっています(民法710条)

過失とは、法律上要求される注意を怠って、不貞をすることです。自分の不貞行為が配偶者の権利を侵害することを不注意で行うことです。注意義務の標準は普通の成人ということです。
既婚者と性的関係をもてば、相手の夫(妻)に嫌な思いをさせるということは成人なら判断がつくことです。よく既婚者が夫婦の不仲、家庭内別居などの言葉を信用して 不倫関係に入ったと言い訳をするケースが多いのですが、「そらごと」は相手の配偶者に確かめれば「ウソ」とわかります。しかし奥さんに不倫をしていいのか確認を求めるほど慎重な方はほとんどいません、相手の言葉を信じて不倫関係をもつことがほとんどです。少し注意してこうした確認を怠ったのであれば、不法行為の故意があったとみなされます。

また、不注意で独身者だと言うので、信じてしまい、性的関係を持つことは、「故意」はなかったとしても、「過失」があるというになります。その過失がどの位の責任なのかは、過失の程度は損害賠償額の減額の判断の基準になるでしょう。

とはいえ、請求された方が、不法行為の「故意」「過失」の主張をするわけで、請求する方は、不倫の事実があったとして慰謝料を請求すればいいでしょう。
不倫を止めさせる、訴える、慰謝料を請求する側が不倫に事実、証拠を用意することになります。
  そこで早めに周到に用意すべきでしょう。しかし証拠は裁判上の問題であり、 当事者が不倫の事実を認めてしまえば「自白」したことになります。 「不貞の事実」があったかなど裁判官が最終的には判断することになります(民事訴訟法247条、自由心証主義)。

夫婦の一方と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、誘惑して肉体関係を持ったかどうか、 自然の愛情によったかに関わらず、損害賠償義務がある(最高裁判所判例昭和54年3月30日)
相手が既婚者だと知って肉体関係をもてば慰謝料を払わなければなりません。
夫婦の破たんの事実は不倫をした側が立証しなければならず,別居後に不倫が行われた、不倫者が夫婦間の破綻に関わっていないというケース以外には立証は困難でしょう。
(2)違法性があること(民法709条)
違法性は、家庭生活の平和を乱したこととにと広く考えていいでしょう。
  家庭生活が崩壊した、ここまでくれば事実上の離婚状態ともいえ、きわめて違法性が強くなりますが、家庭が崩壊に至らなくても家庭内のもめごとがおきるわけで、十分慰謝料を請求できます。

(3)損害の発生との因果関係があること
不法行為は、故意又は過失によって他人の権利を侵害することですが、この加害行為(具体的には配偶者と第三者の不倫)と損害(不倫をされた配偶者の精神的苦痛)との間に因果関係がなければなりません。不倫という原因があって精勤的苦痛という結果になったなどです。
 

 



Menu
●HOME●
■01 不倫慰謝料の相場
■02 不倫の問題点
■03 不倫慰謝料を請求したい人
■04 不倫慰謝料を請求された人
■05 慰謝料の減額
■06 ダブル不倫・W不倫
■07 示談書と公正証書
■08 内容証明
■09 謝罪文
■10 誓約書
■11 社内不倫
■12 判例
■13 つつもたせ(恐喝詐欺)
■14 相談事例(Q&A)
■15 お客様の声
■16 費用とご依頼方法
■17 事務所案内 (地図)
■18 特商法に基づく表示