◆不倫慰謝料を請求された◆

行政書士村上事務所では電話相談、メール相談を受けています。g09035211188@gmail.com 電話相談は050−3045-7910 または携帯090-3521-1188にお電話ください。面談相談は完全予約制をとっています。

メニューへ

★不倫慰謝料計算します(無料)



不倫慰謝料を請求された人,不当、高額な請求を断るポイント。

不倫の慰謝料を請求されたら> 減額と謝罪文について、

電話 050-3045-7910 緊急の方は携帯電話 090-3521-1188 にお電話下さい。

不倫の慰謝料を請求された場合、初期のの対応がうまくいくと、すぐに解決する場合と、

回答が遅れる、放置する裁判に発展してしまう場合があります。

通常請求書は内容証明で送られてくることが多いです。対応のポイントをあげておきました。

1、本人差出の場合、先ずはあなたと話合い、それから裁判にするのかを決めたい場合

2、差出人が弁護士の場合、放置すれば訴訟にもちこまれると思った方がいいでしょう。

3、差出人が行政書士の場合、請求者はいきなり訴訟というより、貴方の対応、回答次第では「減額」を呑んでくれることが多いです。
   あなたの謝罪と誠意ある対応が重要です。当事務所にお電話、メールにてご相談下さい。
個人名で送付された場合、自宅、勤務先に突然押しかけ、待ち伏せして、高額の慰謝料の示談書を用意して、即決示談を求める場合があります。
  早急に、行政書士、弁護士にご相談されることです。

4、弁護士、行政書士が差出人でなくとも裏で相談して送ってくる場合があります。
   明確な「証拠」が無い、あなたとの回答、手紙、談話、メールで「証拠」を取得して、表に現れるケースがあります。
    回答する前に、経験豊富な法律専門家にご相談しましょう。

5、請求内容に書かれている「事実関係」が間違いないか確認しておきましょう。
   単にシテーホテルのレストランで会って食事していた等を不倫関係と言って請求をかけてくることがあります。

6、今後は交際しないという「交際禁止の誓約書」を要求してくることがあります。不倫の証拠が不足している、慰謝料を請求する前に「自白」をとる場合にこうした手紙を 要求ししてくる場合があります。謝罪文を送付後に今度は「慰謝料」を請求されると思った方がいいでしょう。こうした要求の手紙が送付され、どのように返信するかは重要な点ですので、送付前にすぐに相談ください。

7、不倫行為があり、法的に慰謝料を請求できるケースでは、金300万円、500万円、ときには1000万円を支払えと内容証明郵便が送付されます。
   不倫の証拠がある場合、「言い逃れ」は確実に裁判に持ち込まれるでしょう。対応に失敗すると不当に高額の慰謝料を支払うことになりかねません。
   「妥当な慰謝料」に「減額」してもられえるように交渉することも必要です。

8、「減額」を受け入れる理由を整理しておきましょう。交際期間、W不倫なのか、どちらが積極的に誘ったか、職業、離婚の可能性、収入、要求金額、判例の金額、こうした要素を検討して「減額」 を提案していくことになります。「減額の要求」は「慰謝料請求」よりはるかに難しい作業です。事例を多く扱っている経験豊富な法律家にご相談下さい。
     <緊急相談は、090−3521−1188 法務相談の村上まで >

■ 慰謝料請求ができる条件があるのかを確認しておきましょう。

(1)不倫相手が既婚者と知っていたか、少し注意すれば既婚者だと知ることができたのに肉体関係を持っていた、全く既婚者と知らなかった、相手が独身者だと嘘をついていた、
    故意も過失もないのなら不法行為をしていたという意識が無い以上、慰謝料請求ができないということです。dssdsdsd夫婦仲が既に破綻しており、離婚を前提に別居している場合など こうした理由があれば請求者に理解してもらえるように回答をしましょう。
(2)「美人局」、風俗絡みの慰謝料請求も多いので注意しておきましょう。

不倫の謝罪文、  ●不倫 謝罪文 サンプル、雛形について。
<事例>
   奥様から謝罪文を手紙で送るようメールがきました、送るべきでしょうか?
   内容証明郵便で謝罪文の直筆で書いて送るよう要求がきました
  
「どう書けばいいのか、何を?書けばいいのか?」
「謝罪文を出して不利になるのか?」
「謝罪文を書いて慰謝料を請求してこないのか?」
こうしたご質問が多くあります。
■ポイント
謝罪文の雛形、サンプルを提供してくれという希望がありますが、サンプルはお出ししていません。
用紙は、普通の白色便箋がいいでしょう。
   ミッキーマウス、アニメ便箋などで送れば、相手は馬鹿にされたと逆上するでしょう。
 
  相手から誘われた、奥さんとは家庭内別居だと聞いていた、たとえそうした会話があったとしても、最初は控えた方がいいでしょう。
1ページの簡単な文章より、数ページがいいと思いますが、相手の心に響く、少しは許そうかと思わせる文章であって欲しいものです。
  ワープロ文でなく、直筆で書いて送るべきです。
  最初謝罪文を出しても一度で許してくれる場合は稀です。

 1、謝罪文提出後の注意点
   謝罪文送付後、それでは慰謝料を請求する文書が送られてきます。
   また不倫の確かな証拠はもっていない、謝罪文を先にとり、慰謝料を請求してくる
場合があります。
2、回答書を用意しておく
  具体的に慰謝料を請求してきた、こうした場合、「回答書」を送付すべきです。
   回答書は、法的に慰謝料額の根拠、相手が積極的に誘った、上司で断れなかった、
     不貞者の責任の減額を書いて送ればいいです。法的文書になるので専門家に相談
して送るべきでしょ。

3.謝罪文を送るべきでない場合、事実関係を認めるので「自白」として証拠につかい、
   決定的証拠を補強しようという場合です。
  それでは、何もしないのがいいのか、事実何のやましいことが無くても
裁判に持ち込まれケースが多くなっています。
  勝ち負けは論外。相手を裁判に引っ張り出して痛めつけてくれ、裁判にすれば
相手も弁護士費用、裁判費用がかかるだけだ、意地があるので裁判にしてくれとなったら
  訴訟に巻き込まれることになるでしょう。
   もし不倫の事実があるのなら、減額をお願いして裁判前に解決する道を選択すべきでしょう。

 



Menu
●HOME●
■01 不倫慰謝料の相場
■02 不倫の問題点
■03 不倫慰謝料を請求したい人
■04 不倫慰謝料を請求された人
■05 慰謝料の減額
■06 ダブル不倫・W不倫
■07 示談書と公正証書
■08 内容証明
■09 謝罪文
■10 誓約書
■11 社内不倫
■12 判例
■13 つつもたせ(恐喝詐欺)
■14 相談事例(Q&A)
■15 お客様の声
■16 費用とご依頼方法
■17 事務所案内 (地図)
■18 特商法に基づく表示